グルメも満足のフリーズドライ

投稿者: admin
5月 11 2014 年

最近増えてきているのが、フリーズドライ食品というものです。従来の保存食の主流は、缶詰やインスタント食品といったものが多かったのですが、フリーズドライの長所として、栄養成分の劣化が起こらないという部分は非常に重宝されています。従来の保存食は、煮詰めたり加熱処理の影響によって、塩分過多や成分の破壊といった難点があり、それを補うために添加物などが加えられた製品も多く、健康に悪いというイメージが強かったと思います。

フリーズドライ製法の仕組みですが、超低温の急速冷凍で食品を凍らせ、その食品を真空状態にすることで、水分を飛ばしてミイラ化させます。この方法で作られたフリーズドライ製品は、栄養成分の消失がほとんど起こらず、水分を加えることで、また元のみずみずしい状態に食品を戻すことが可能になっています。水分を加えることで戻るというのは従来のインスタント食品と同じなのですが、フリーズドライでは製法が異なる分、中身が変わってくるのです。

最近のフリーズドライで作られた食品にはいろいろな種類のものがあります。高血圧や糖尿病でも美味しく食べられる身体に優しい健康食や、なかなか行く機会が少ないレストランメニューなどを再現するなど、食を楽しむ上で欠かせない製法となっています。

このエントリーのトラックバックURL